「SoftBank学割」新WEBCM “感動的な受験生応援CM”かと思いきや…!? 受験前後の出費に焦りまくる母親役を リアル“お受験ママ”のMEGUMIがコミカルに熱演! 息子役にリアル“お受験世代”の城桧吏が受験生として登場!! ZARD「負けないで」や、漫画「二月の勝者—絶対合格の教室—」 などのコラボにも大注目! 「がんばれ受験生(と親)」篇 2020年2月5日(水)に公開

女性らしく, 熟女もガンバ

ソフトバンク株式会社は、「SoftBank学割」の魅力を伝える新WEB CM「がんばれ受験生(と親)」篇を、2020年2月5日(水)からソフトバンク公式YouTubeチャンネルにて公開いたします。
中学受験をテーマに、子供が成長していく喜びや感動、受験生の親に共通する悩みを表現した本作品では、MEGUMIさんが母親役として、城桧吏さんが息子の受験生役として初共演しました。

「大切なことはいつも、後になって気がつく」というメッセージの下、ZARDの楽曲「負けないで」をバックに、受験生を持つ家族を応援する感動的なストーリーから一転、後半は入学金や授業料、制服代といった、受験前後の出費の多さに後になって気がつくMEGUMIさんの変貌ぶりが、ユニークに描かれています。
子供の進学は嬉しい反面、教育費の多さに悩む“お受験ママ“へ、本作品を通じて、家族のスマホやネット、でんきを“ソフトバンク”にまとめると家計がお得になる、「SoftBank学割」の魅力を紹介しています。

■MEGUMIさんと城桧吏さんの起用およびカメオ出演者、コラボレーションについて

受験生の母親役を演じるMEGUMIさんは、女優として話題作に次々と出演しながら、実生活でも小学5年生の息子を持つ、リアルお受験ママです。本作品の見どころである感動的なシーンからコミカルなシーンまでの両極端のお芝居を、臨場感たっぷりに演じられる豊かな表現力の持ち主であることから、この度の起用に至りました。

また、受験生の息子役を演じる城桧吏さんは、世界的大ヒットを記録した映画「万引き家族」で注目を浴び、その後映画やドラマ、CMなど数多くの作品に出演。圧巻の演技力に加えて、実年齢が13歳と受験世代であることから起用いたしました。

さらに今回は、ママインフルエンサーとして人気の二宮こずえさんと敦子さん、教育系YouTubeクリエイターの葉一さんといったメンバーがカメオ出演するほか、中学受験を題材にした人気漫画「二月の勝者—絶対合格の教室—」とコラボレーションしたカットなど、さまざまな演出を取り入れたシーンも数多く登場します。

■新WEB CM「がんばれ受験生(と親)」篇について

「がんばれ受験生(と親)」篇は、息子と一緒に受験を乗り越えた母親の回想(ナレーション)からスタート。壁に「合格」の文字が飾られた部屋で猛勉強する息子、神社へ合格祈願をする母親。遅くまで勉強する息子のために夜食を作ったり、テストの結果に二人で一喜一憂したり、ささいな喧嘩をしたり、受験にまつわる親子の思い出がエモーショナルな世界観とともに描いています。息子の合格に号泣したのもつかの間、MEGUMIさんはさっそく送られてきた入学金の払込取扱票をはじめ、受験中は見て見ぬふりをしてきた、さまざまなお金の問題に直面。リアルな現実を前にしたMEGUMIさんは…。一方で、合格した城さんは、入学後に発生するリアルな費用を制服姿でポージングを決めながら表現。感動的なシーンの連続から一気に雰囲気が変わる劇的な展開、まるで本当の親子のようなMEGUMIさんと城さんによる情感たっぷりの掛け合い、あまりの出費の多さに頭を抱えるMEGUMIさんのコミカルなアクションと息子役を演じた現役中学生の城さんにご注目ください。